壁紙のデザイナー 前編



私はニュージャージのとある街に行くために、マンハッタンのミッドタウンにあるポート・オーソリティ・バスターミナルにいた。

このバスターミナルはアメリカ最大の大きさで、ここから全米各地に行く長距離バスなどが出ている。

言うなればここは、旅の玄関口、あるいは終着駅。

旅人、流れ者、ホームレス、いろんな事情を抱えた人間で、ここはいつも溢れかえっている。


私がこれから行くところは、初めてのところなのでかなり不安があった。

行き先の相手からのメールには、何番線のどこどこ行きのバスに乗って、どこどこで降りたら近いよ的な、かなりざっくりとした案内だった。

広いターミナルをぐるぐると歩き回り、なんとか目的のバス乗り場へと辿り着いた。

私はメールの指示通りに、多分このバスだろうと思い乗り込んだ。

バスは直ぐに発車した。

私は少し不安になり、運転手に「ここに行きたいのだが、このバスはここに行きますか?」と確認したら、「知らない」と無愛想に返された。

???


知らないとはどういうことだ?

私の乗ったこのバスは違うのか?それとも正解なのか?

私は頭の中が混乱しながらもう一度聞いてみると、「そんなことは俺は知らない。自分で確かめろ!」みたいなことを言われた。

私の質問が変のか、それとも英語がうまく伝わらなかったのか?

どちらにせよ、運転手にとって、今はそれどころではない状況だった。

クラクションとサイレンがけたたましく鳴り響き、道路はバスも車も自転車も入り乱れてのごっちゃ混ぜ状態だった。

そんな状況で運転手は必死だった。

まだ新人の運転手なのか、いちいちそんな客の対応などしていられないといったところだ。


しかし、私は携帯電話などいうものは持っていなかったので、こっちもそんな無茶なことを言われて困るのだ。

バスはもう発車してしまっている。

これは弱ったなと途方にくれていると、さっきの我々のやりとりを聞いていたのか、私の直ぐ後ろの大きなおばちゃんが突然ムクッと立ち上がり、「ちょっと誰かぁ~、彼がどこどこに行きたがってるんだけど~、そこに行く人誰かいる~?」って、めいっぱいの声は張り上げて後ろの乗客らに呼びかけた。

車内は一瞬静まり、そして再び車内がザワザワしだした。

すると後方の方に座っている一人のご婦人が「私はそこで降りるから、バスが着いたら彼と一緒に降りるわ~!」と、こちらのご婦人もおばちゃんに負けないぐらいの大声で答えてくれた。


捨てる神あれば拾う神あり、とはまさにこのことだ。


私は後ろのおばちゃんにお礼を言ったら、「いいのいいの、気にしないで」ってあっさりしたものだった。

バスの中はこのちょっとしてハプニングによって、運転手vs乗客たちみたいな構図の妙な連帯感が生まれてしまった。

目的地に着いたので、私は乗客の皆さんに向けて深々と一礼をして、ご婦人と一緒にバスを降りた。


私はご婦人に行き先の住所の書いた紙を見せながら、「ここに行きたいのですが、ここからどう行けばいいのかわかりますか?」と尋ねた。

すると、「この辺りだと思うけど、よくわからないわ。あなた、相手先の電話番号とか知ってる?」と聞かれて、私はご婦人に相手の電話番号を写した紙を渡した。

ご婦人はカバンの中から携帯電話を取り出して、その場で相手に電話をしてくれた。

結局、私の行きたいところは、ここから歩いて行くには少し遠いらしく、ご婦人が「私の家はこの直ぐ先だから、一旦家に行きましょう。それから車であなたを送ってあげるわ」と提案してくれた。

そこまでしてもらっては、本当に恐縮なのだが、この際仕方あるまい。

私はこの親切なご婦人の好意に甘えさせてもらい、無事に目的地に辿り着くことができたのだ。


さて、この目的地であるここは、ある壁紙会社の社長宅だった。